安全性の高い兼六ホームで世界に一つだけの住宅を造ろう

一軒家
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 大切な住まいを保持

大切な住まいを保持

つみき

設備にもこだわる

大阪市などの栄えている都市部での戸建てでは、防犯の注目度が高まっています。プライバシーを守るために塀を高くしたり、植栽を増やす人も増えていますが、不審者の標的になることも考慮すべきです。何より、人目を気にするため、玄関まわりは逆に通行人や近所の目が届きやすいように、柵や高さを低めにした植栽を選びます。戸建てではセンサーライトで明るくし、侵入しにくい家も多く、カメラ付インターホンは不審者にも有効です。狙われにくい住環境を選ぶことが一番の得策ですが、見通しの良い戸建てや、侵入されにくい設備を選ぶことも大切な住まいを守ることに繋がります。大阪市などの土地柄、人通りの少ない路地や高低差や死角の多い高台などは少ないため、設備の導入やセキュリティサービスを利用する一工夫もポイントとなります。

都市部ならではの暮らし

大阪市での戸建ての多くが、もしもの備えに対応しています。長い時間を過ごすリビングは、敷地内で最も見晴らしや日当たりの良い位置に設けるケースも多い傾向です。いくら良い場所でも近隣の建物との関係も考慮し、自分宅もプライバシーを侵すことのないことを留意しています。大阪市内でも、戸建てに大きな窓やサンルーム、デッキなどを設けるケースは増えています。通常都市部では、通行人や隣人の視線などが気になり、プライバシーに配慮し、大きな窓などは省くケースが一般的です。ですが、部屋がエクステリアと繋がり、空間に広がりが出る特徴も挙げられます。また、災害時には非常口としても有効で、近年の戸建てならではの暮らしに特化した造りも特徴の1つです。