安全性の高い兼六ホームで世界に一つだけの住宅を造ろう

一軒家
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 地域性を重視するためには

地域性を重視するためには

室内

周辺の気候

愛知は、中部地方の中でも中心的な県になります。愛知県は南部と中部と北部で地形の違いがあります。それゆえ微妙に気候も違うのです。愛知県の南側は海の近くになりますので、注文住宅を建築する場合には、大きめの窓を南側に設置すると、壮大な海の眺めを眺めることができるかもしれません。一方で、潮風が当たりますので、塩害について気をつけなければなりません。塩害を防ぐためには鉄部にアルカリ性を強く含んだ塗料を塗る必要があります。これによって、注文住宅のさびを防ぐことができ、美しい見た目を維持することができるでしょう。県の南部で一戸建て住宅を建てる場合は、比較的広い土地が売却されていますので、あまりお金をかけずに大きな家を建てることができるのが特徴です。

名古屋らへんはどうか

愛知県といえば名古屋が有名ですが、名古屋に注文住宅を建てる場合にはどのような特徴があるでしょうか。まず、主要な駅の近くであれば、十分な土地を確保することができない可能性があります。この場合には、3階建の注文住宅にするのが一般的になっています。ですが、駅前から徒歩5分ぐらいの場所や繁華街などでなければ、2階建ての住宅でも十分なスペースを確保することができます。名古屋から少し外れると、田んぼが多くなります。北に向かえば、高台が多くなりますので、水害や大きな地震の被害を受けにくい地域になるでしょう。住宅を建てる時に災害を防ぐことを重視するならば、愛知県の北部かその周辺に注文住宅を建ててみるのがよいかもしれません。